中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 最終審査会が開催されます!

全国の中高生がプログラミング言語「Ruby」で作成した作品で技術力や企画力を競う「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitaka」。

今年で9回目となるこのコンテストの最終審査会が、12月7日に三鷹産業プラザで開催されます。

「ゲーム部門」と「クリエイティブ部門(Web アプリケーション、各種ツール、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品)」の2部門で、一次審査を突破した計11組の作品が一堂に会し公開プレゼンテーションを行います。

また、審査会当日は特別講演として、Microsoftクラウド・デベロッパー・アドボケイトの千代田まどか氏による「好き!が世界を変えていく」、Rubyの生みの親であるまつもとゆきひろ氏の講演などのプログラムを予定しています。

最終審査会は一般の方はどなたでも聴講することができ、YouTube Liveでも公式配信される予定です。是非、若きRubyプログラマーたちの力作をご覧になってください。

観覧のお申し込みは、コチラから。

【「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitaka」最終審査会開催概要】
・開催日時:2019年12月7日(土) 12:00~17:00(受付開始:11:30)
・開催会場:三鷹産業プラザ(東京都三鷹市下連雀3-38-4)

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitaka」の詳細については、公式ホームページをご覧ください。