中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 最終審査結果発表!

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitaka」の最終審査会が、12月7日(土)に三鷹産業プラザで開催され、最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞の各賞の受賞者が決定しました。

応募総数103件の中から1次審査を突破して最終審査に進んだのは、ゲーム部門7作品、クリエイティブ部門4作品の計11作品でした。開発者自身が作品のデモンストレーションを交えたプレゼンテーションを行い、プログラミング言語「Ruby」の生みの親であるまつもとゆきひろ氏を審査委員長とする6名の審査委員によって各賞の受賞者が決まりました。

===== ゲーム部門 =====
■ 最優秀賞
滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部 チームゴースト(岩手県)
『TOWER of GRIME REAPER(タワー オブ グリム リーパー)』

■ 優秀賞
滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部 チーム音(リズム)(岩手県)
『OTOZUMU(オトズム)』

■ 審査員特別賞
愛媛県立松山工業高等学校 千原 安司(愛媛県)
『アローダンジョン』

滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部 チームワード(岩手県)
『もじつみ』

愛媛県立松山工業高等学校 福永 蓮(愛媛県)
『Create Route(クリエイト ルート)』

滝沢第二中学校科学技術部 チームインディ(岩手県)
『棒の冒険』

島根県立松江商業高等学校 長谷川 愛実(島根県)
『あんゆーシューティング』

===== クリエイティブ部門 =====
■ 最優秀賞
伊藤貴之(兵庫県)
『Denser』

■ 優秀賞
長野県松本工業高等学校 サムムと愉快な二人組(長野県)
『全方向移動ロボット通信制御プログラム』

■ 審査員特別賞
William Yamada (アメリカ)
『How Good are you Drawing?』

■ 審査員特別賞 および Matz賞(審査委員長特別賞)
愛媛県立松山工業高等学校 チーム松工(愛媛県)
『プログラムファイターズ&スクラッチ』

受賞者には表彰状のほか、副賞としてノートパソコンやタブレットPCなどが送られました。

最終審査会の模様は、こちらの公式HPでもご覧いただけます。

このコンテストは、プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている10団体で組織する同コンテスト実行委員会により実施され、今回が9回目の開催となりました。
2020年度には、第10回を開催予定とのことです。