「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2020 in Mitaka」作品募集始まる!

今回で記念すべき第10回目を迎える「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト」の作品募集が本日7月15日から始まりました。

例年だと12月上旬に三鷹産業プラザで開催されてきた最終審査会は、今年度は新型コロナウィルス感染症拡大防止の観点からオンライン上での開催とし、日程も学校の休校等の状況を踏まえ、年度末の3月に行われます。

募集期間も延長されたことで、よりじっくりとプログラミングに取り組むことが出来るようになりました。Rubyに取り組む全国の中高生のみなさん、この機会を見逃さず、是非チャレンジしてみてください。

■ 「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2020 in Mitaka」大会概要

【スケジュール】
・作品募集 :2020年7月15日(水) 〜 2021年1月11日(月)
・一次審査 :2021年2月上旬予定
・最終審査会:2021年3月6日(土)午後

【コンテストの目的】
子どもたちがプログラミングを学び、自分でコンピュータを動かしたときの感動や作った作品を発表する体験を通して、新しい世界への興味や関心を呼び起こし、将来への夢を育むことを目的とします。

【募集区分・対象者】
① ゲーム部門
② クリエイティブ部門(Webアプリケーション、各種ツー ル、ロボット制御等ゲーム以外のプログラム作品)
対象者は生年月日が2002年4月2日以降。個人又はグループで応募可能。

【募集作品】
テーマは自由(教科の勉強が楽しくなるもの、あると便利なもの、社会的課題解決に役立つもの、ゲームプログラムなど)。
Rubyの特性を生かしたプログラムの優秀性、プログラミングの楽しさ、発想の面白さや工夫が感じられるような作品を募集。

【審査方法】
① 一次審査:Rubyエンジニアによるソースコードレビュー等による審査
② 最終審査会:応募者のプレゼンテーションによる審査
審査委員長は、Rubyの生みの親である、まつもとゆきひろ氏(一般財団法人Rubyアソシエーション理事長)

【賞品】
① 最優秀賞(各部門1組ずつ):最新型ノート端末
② 優秀賞(各部門1組ずつ):最新型タブレット端末
③ その他(各部門2組程度):デジタル製品
④ 応募者全員:オリジナル図書カード1,000円分

「中高生国際 Ruby プログラミングコンテスト 2020 in Mitaka」の詳細については、公式ホームページをご覧ください。