「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」受賞者が決定しました!

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2020 in Mitaka」の最終審査発表会が、2021年3月6日(土)三鷹市の三鷹産業プラザで開催され、最優秀賞、優秀賞、審査員特別賞の各賞の受賞者が決定しました。

応募総数101件の中から1次審査を突破して最終審査に進んだのは、ゲーム部門7作品、クリエイティブ部門3作品の計10作品。

ゲーム部門では、アクション、シューティング、ボードゲームなど多彩なジャンルから懐かしくも新しいアイディアに富んだ作品が集まり、クリエイティブ部門では作者の「こんなものが欲しい」という思いの詰まったIoTやWebのシステムの作品が集まりました。

今大会は、発表者も審査員もすべてオンラインでの参加。事前に収録した開発者自身による作品のプレゼンテーション動画と当日の質疑応答等により、プログラミング言語「Ruby」の生みの親であるまつもとゆきひろ氏を審査委員長とする7名の審査委員によって各賞の受賞者が選出されました。

===== ゲーム部門 =====
■ 最優秀賞
松江工業高等専門学校 松江高専の人(島根県)
『Spell Out』

■ 優秀賞
滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部 チーム Sweets (岩手県)
『Sweets Rush(スイーツ・ラッシュ)』

■ 審査員特別賞
磯谷桂(東京都)
『占領戦』

愛媛県立松山工業高等学校 林晃太郎(愛媛県)
『Mind Board』

畠山響(岩手県)
『将棋でGo』

愛媛県立松山工業高等学校 松浦天斗(愛媛県)
『LABYRINTH』

滝沢市立滝沢第二中学校科学技術部 チーム 部長 (岩手県)
『影陣伝(えいじんでん)』

===== クリエイティブ部門 =====
■ 最優秀賞
Nucumo(東京都)
『Minory』

■ 優秀賞
何櫟(へり)(茨城県)
『Bluetoothをつかった脳波の測定とリアルタイム表示や保存』

■ 審査員特別賞
石川愛海(千葉県)
『My Design Memo』

■ Matz賞(審査委員長特別賞)
石川愛海(千葉県)
『My Design Memo』

■ Classi賞(スポンサー賞)
何櫟(へり)(茨城県)
『Bluetoothをつかった脳波の測定とリアルタイム表示や保存』

最終審査会の模様は、こちらの中高生国際rubyプログラミングコンテストのYouTubeチャンネルでもご覧いただけます。

このコンテストは、国産プログラミング言語「Ruby」の普及活動を行っている10団体で組織する同コンテスト実行委員会により実施され、今回が10回目の開催となりました。2021年度には、第11回を開催予定です。